【田舎に帰ろう】実際に「地方」と「都会」どちらも住んだ僕が地方住みのメリットをご紹介

スポンサーリンク
ライフスタイル

ども、ちぇにです。

『地方暮らし』ってどんなイメージがありますか?

穏やかな山の中で、自然と共に生きている。歴史ある古民家で毎日畑仕事をしている。こんなイメージでしょうか?

最近では『古民家ひとり暮らし』さんが話題になり、地方でのんびり暮らすことに興味がある人が多くなったのではないでしょうか?

古民家ひとり暮らし
会社を辞め、都会から離れ、海の近くの古民家で一人暮らしをしています。



僕は田舎で育ち、関東圏に就職と同時に引っ越ししました。

『地方暮らし』と『都会暮らし』どちらも経験した結果、地方暮らしの方がトータルで良かったので、実際に感じた地方暮らしのメリット・デメリットをご紹介します。移住を考えている人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

地方暮らしのメリット

田舎の程度によると思いますが、僕が当時の住んでいたところは近くにコンビニなんてありませんでした。大きなスーパーがひとつあったくらいです。

そんなところに住んでいた僕が感じるメリットがこちらです。

物価が安い

これは誰もがイメージすることだと思いますし、最大の強みだと思います。衣食住すべてが都会に比べて格段に安いです。

一番値段が違うと驚いたのが、『家』です。だいたい都会の一戸建て金額の半分で建てることができます。

自然が豊かで四季を楽しめる

疲れているときは、ビルを見上げるよりも自然を見た方が癒されると思います。

その自然も、春は桜のピンク色、夏は緑の森、秋は色とりどりの紅葉、冬は雪で冬景色になり、毎月違った景色になります。山だけではなく川や田んぼも四季によって違うので、毎日が新しい発見の連続です。

くだものが美味しい

これは福島限定かもしれませんが、とにかく桃が美味しいです。オススメは固い桃を食べることです。食べ応えがあってとにかく甘いです。当時は普通だと思って食べていましたが、他の桃を食べたときにここまで違うのかと驚いたのを今でも覚えています。

県の特産品なのでぜひ食べてみてください。

地方暮らしのデメリット

新しく住む人は不便だと感じることが多いと思います。生活する上ではそんなに問題にならないと思いますが、都会と比べると劣っていると感じる部分を書きました。

交通の便が悪い

電車やバスは頻繁には来ません。一時間に一本くらいがザラです。そのために一家に一台は自家用車があります。

今は買い物等がしやすいように、スーパーやドラックストアが沢山建っているので、最低限の生活をするのには車が無くても困らなくなっています。

賃金が安い

物価が安い分、賃金も安くなっています。

しかし、周りにいる人数が少ないので出世をしたり、企業をしたりしやすくなっていると思います。ライバルが少ない分、チャンスの回数が多いです。

移住する際の注意点

何を求めて移住するか決めた方が良いです。

例えば、

  1. 山の中で自給自足の生活をしたい
  2. 安い家賃のアパートでのんびり暮らしたい

上記の二つは、大きく見ればどちらも地方移住ですが、中身は全く違います。

目的をはっきりさせた上で、住みたい地域を選ぶとスムーズに進んでいくと思います。



また、住みたい地域が決まったらしっかりと足を運んで自分の目で確かめるのも忘れずに!

まとめ

  • 地方は物価が安いのが大きな魅力
  • 自然の良さが魅力のひとつ
  • 移住するときは目的をしっかり決める

という結果になりました。

都会で毎日疲れている方は、思い切って地方移住で人生を変えてみるのも一つの手段だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました