【書評】「ドリルを売るなら穴を売れ」は知識0でもマーケティングを理解できる

スポンサーリンク
書評

ども、ちぇにです。


皆さんは何を基準に「モノ」を買いますか?

値段ですか?形ですか?それともブランドだからですか?

最初から質問攻めしてしまいましたが、「モノ」を買う時ってなにかしら理由があり買うと思います。その購買欲を引き立てるために、売り手や作り手の狙いがマーケティングと呼ばれています。

今回はマーケティングの基礎を知識0でもわかりやすく理解できた、「ドリルを売るなら穴を売れ」をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな人にオススメ

  • 難しい用語無しでマーケティングの基礎を知識0から学びたい人
  • 今後、自分の商品やサイトを持つが、どうやって売ったり、知ってもらえばいいか知りたい人
  • 副業を始めてみたが、どう他と差をつけていいかわからない人

本の内容と抜粋ポイント

4つの章があり、各章に大切な用語が初心者にもわかりやすいように解説されています。また、イメージしやすいように解説パートと、小説のようなストーリーパートにわかれてあります。

マーケティングは身の回りで起こっている

あなたが「買う時」に、その逆には「売る人」がいる。あなたが何かを買う時には売り手にとってのマーケティングが起きているのだ。

引用 ドリルを売るなら穴を売れ

「マーケティング」とは身近なところで起こっていて、買い物そのものがマーケティングであり、会議室ではなく日常で起こっていると、学ぶより現場で発見や体験の中で感じとることが重要と、冒頭に書かれています。


例えば、本をネットで買ったとします。その時に、「なぜ本屋ではないのか?」「双方のメリット、デメリットは何か?」など少し掘り下げて買った理由と考えてみると、無料で「マーケティング脳」を鍛えられます。

大切な4つの理論

  1. ベネフィット
  2. セグメンテーションとターゲティング
  3. 差別化
  4. 4P

ベネフィットとは?

顧客にとっての価値

例えば、売り手はドリルを売っているが、買い手は「穴」を開けたいからドリルが欲しい。顧客にとって価値があるのはドリルではない、つまりベネフィットは「穴」。

セグメンテーションとターゲティングとは?

セグメンテーションとは分けること。ターゲットは狙いをつけた顧客。一番有名なセグメンテーションは、性別と年齢で分けたもの。



なぜ分けるのかは、人によって求めるベネフィットが全く違うから

差別化

現代は「モノ」が溢れているので、「競合より高い価値」を提供しなければならない。提供する価値の競合との差が差別化。


例えば、安い、おいしい、早いなど。

注意として、必ずどれかに絞る必要がある。中途半端では差別化できず生き残れない。

4Pとは?

マーケティング必須要素の頭文字をとったもの。

  • Product  (製品 サービス)
  • Promotion  (広告 販促)
  • Piace  (流通 チャネル)
  • Price  (価格)

「広告・販促」で価値を伝え、「販路・チャネル」で価値を届け、「製品・サービス」で価値を実現し、「価格」で対価を得る。

まとめ

  • 「買い手」には必ず「売り手」が存在し、身の回りでマーケティングが起きている。
  • 「売り手」は物やサービスを売る際、「買い手」がなにを望んでいるかしっかり把握し、お金以上の価値を提供することで売買が成立する。
  • 価値の種類はそれぞれあり、ターゲット次第で変えていく。


売れている「モノ」「サービス」には、しっかりと狙いがあり売れていると再確認できる1冊でした。最後にはディズニーリゾートの収益モデルが書いてあり、人気のスポットの美しい戦略が詳しく理解することが出来ました。


今後僕のブログもしっかり差別化して、『ちぇにログ』を広げていけるように頑張ろうと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました