パチンコ【辞めたい】と思ったら、すぐこれを読んで! 〜実践編〜

スポンサーリンク
ギャンブル依存

ども、ポケットからちぇにです。

前回はお金をかけずにパチンコ依存症を【対策】しましょう 〜序編〜ということで、パチンコ依存症から抜け出すための下準備として、やるべきことを書きました。




まだ見ていないかたは、ぜひ読んでください。


今回は、普段の生活からパチンコを取り除くために、実践すべきことを書いていきます。




普段の生活に、パチンコを打つという行為が当たり前になっていませんか





休みの日はパチンコ。仕事終わりはパチンコ。





気がついたら行ってしまう。




この行動は、生活の一部になってしまい、意識して切り離さないと、生涯付きまとってくるものになってしまいます




僕も昔は、休日になると朝から閉店までいました。
会社帰りは毎日通い、暇さえあれば打っている日常でした。



いつの間にか当たり前の習慣になり、パチンコ以外考えられない脳になってしまいました



しかしこんな僕でも、ほとんどお金をかけずにパチンコを辞めることが出来たのです!



具体的には、自制心の向上と、日常からパチンコを取り除くことを徹底しました



重度の依存症だった僕が辞めることが出来たので、絶対に効果があります。



どのような対策をしたのか、すべて実体験を元に紹介していきます。

スポンサーリンク

お金をかけずにパチンコ依存症を対策するには?

まずは、前回記事お金をかけずにパチンコ依存症を【対策】しましょう 〜序編〜を読んで、しっかりと意識を固めて、身の回りの整理をして下さい。

次に具体的な対策について紹介します。ここで紹介することは、お金をかけていないので、ほぼ自己管理で行なっていかなければいけません。



誰も強要はしませんし、しっかりと監視もしてくれません。



大切になってくるのが、徹底しないと効果が無いってことです。



よく筋トレなどで、回数を落としてでも継続することが大切だ。って事言われるかも知れません。



パチンコ依存症は一回でも、パチンコをやれば無駄になる!と肝に銘じて下さい。

店には絶対に行かない

これは大前提なことなので、書くか迷いましたが、一応書いておきます。



例えば、アルコール依存を治したいのに、居酒屋へ行きませんよね?



少し覗くだけ!が命取りです。間違いなく、気づいたら席に座って打っています。



出来れば、パチンコ屋周りに近づかないようにした方が良いです。

YouTube動画の利用を辞める

おそらく色々なパチンコ番組を、チャンネル登録していると思います。

YouTubeは手軽に好きな台の演出を見ることが出来るので、出来ればアンストールをオススメします。



消すのは難易度が高いよーーって人は、すべてパチンコ番組のチャンネル登録を解除して下さい。



そして、再生履歴と検索履歴もすべて削除も忘れなく。



まずは日常からパチンコを切り離すために、遮断します。視覚からの情報は脳を簡単に刺激してしまうので、これをやるだけでとても違います。

家計簿をつける

お金の流れをしっかりと把握します。



今まで、どれだけの金額をパチンコで無駄にしてきたのかを改めて考えるのにうってつけです。



簡単に使っていた1万円。



家計簿をつけてみると、その1万円で2週間の食費になっていたと気づいた時、僕は金銭感覚が大幅にズレていると、怖くなりました



1ヶ月書き終えた時、どれほど使いすぎていたのかびっくりします。

財布に現金を入れない、キャッシュレスにする

現金が入っていなければ、パチンコに行きたくても行けません。



そのためにも、現金は持たない方が良いです。特にお札では!!




僕の場合は、お札で3000円だと1パチに行ってしまった事があるので、1000円札1枚と、小銭で2000円分のみにしました。




買い物はすべてクレジットカードにし、銀行のキャッシュカードは家に置くようにして、現金を気軽に持てないようにしました

低貸に移行するはNG

ここまで徹底すると、『いきなりは無理だから、低貸にしてみます。』



こんな声もあると思いますが、絶対にこの方法では、辞めれません



僕の実体験から断言します。

悩める依存症
悩める依存症

いきなりは辞めれないから、とりあえず1円パチンコにしてみようかな?

ちぇに
ちぇに

あっ、僕それで失敗しましたよ

どっちみち4円に戻ってしまう

いつものレートから低貸に移動したとします。



そこでタマタマ勝てました。



その時は、「いつもより少なくても嬉しい!!この刺激がないと無理だ!!」こんなことを思って、低貸のみを打つ決心をします。



しかし、欲が出てきて、次からは必ず元のレートに戻ります



そこで負けると、負けた額を取り戻そうとして、高レートで勝負を続けます。



これの繰り返しです。



辞めるどころか、さらにハマっていきます

時間と金が無駄だと理解しないといけない

本当に低貸のみに移行出来たとします。



しかし、1日に勝てる額はたかが知れてます。



時間は有限ですよ?
その額を稼ぐために、どれだけの時間をパチンコ屋で過ごすんですか?



平日3時間、休日8時間パチンコ屋に通って、月トータル2万円稼げた!



たしかに凄いことですが、バイトした方が良くないですか?その倍くらい稼げると思いますよ

隙間時間こそ油断大敵

YouTubeも見ていない、お金の価値観も戻ってきた、財布に現金も入れていない、低貸もやっていない。



すべて完璧にしてしまうと、パチンコ依存症はやることが本当に無くなってしまいます



すると、『時間がもったいないからパチンコ屋に行こう』って気持ちになりやすいです。



実際、僕もそうだったので苦労しました。

会社帰りは誰かにすぐ連絡して直帰

仕事終わりは、家に着くまで誘惑が沢山あります



道端の看板や、新台入れ替えの旗など、帰り道には何かしらパチンコ関係のものがあります。



目にした瞬間に我慢出来なくなるってことあると思います。



僕は仕事が終わったら、すぐに嫁に連絡を入れることにしました。



連絡をした時間と帰宅時間が変にズレていればすぐバレてしまいます。



辞める宣言したので、嘘はつけないと自分に言い聞かせて、直帰するクセをつけました



また、タイムカードや出勤簿を写真に撮っておけば、会社の終わった時間を誤魔化すことは出来ません。

休日は早寝早起き、昼寝がマスト

休みの日は、なにをしたらいいのか最初はわからないと思います。



結論は、よく寝てください。



朝からパチンコ屋に並ぶ癖がついている人は、早起きしすぎて午前中から暇になってしまいます。



早起きはとてもいいことです。午前中のうちに、家事をすべて済ませて下さい



するとお昼になると思うので、お昼ご飯を食べた後は、昼寝をして下さい。



時間はたっぷりあるので、2〜3時間くらいしても問題ありません。



起きてからは、食材などの買い物に行き、夕ご飯を食べて、お風呂入って、すぐに寝てください



当分の間は、暇さえあれば寝るようにしましょう。



最もお金をかけずに、時間を潰せる行為ですし、誰にも迷惑はかけません。

ちぇに
ちぇに

無限に寝れるよね。



午後から出かける用事がないのであれば、昼間にアルコールを呑んで、寝るのも一つの方法です。



僕も、何回かはアルコールを呑んで、無理矢理眠気を出してました。

自己投資するのがベストだけど難しいなら、辞めることに集中

本当は寝るよりも、自己投資をした方が良いのですが、まずは時間を有効に使うと考えるのではなく、依存症を克服することに集中した方が良いです。



依存症を断ち切る前に、何かに挑戦して上手くいかなった場合、「なんで上手くいかないんだ!」っと感情的になり、ストレス解消といいつつ、パチンコ屋に向かってしまいます。



パチンコを逃げ道にしないためにも、依存症を克服してから挑戦するようにしましょう



時間が余って無理!』って人は、ブログで禁パチしていることを発信しましょう。



毎日のちょっとした工夫や、辞めるためにしていることなど、禁パチしていることが経験になり、発信するネタにもなります。

まとめ

今回はお金をかけずにパチンコ依存症を対策するということで、僕が実際に今まで実践してきたことを紹介しました。

  • パチンコ屋に近づかない
  • YouTubeの利用を辞める
  • お札を財布に入れない
  • 低貸に変更はNG
  • 直帰は絶対
  • 隙間時間は寝ることに徹する
  • 自己投資の前に、依存症脱却


すべて僕が実際にやったことです。



最初の1〜3ヶ月はとにかく徹底しました。



楽しいことがない毎日で、イライラもしましたが、今はとても気分が良く幸せです



いきなり大金が減ることが無いのですから!



行動をすれば、幸せな結果は必ずついてきます。この経験が皆さんの役に立てれば嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村



最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました