20代の転職はこれで解決〜実体験からのアドバイス〜

つぶやき
スポンサーリンク

ども、『ちぇに』です

スキルも実績もない20代での転職。



不安ですよね。

  • 上手くいくかな?
  • そもそも再就職先ってあるのかな?
  • 次はブラック企業じゃないといいな

こんな悩みを解決します。




僕は20代で3回転職をしました。



正直、良かったところも悪かったところ沢山あります。




準備や心構えがないと後悔する転職をしてしまいます。
そんな失敗をしないように、今回は僕の実体験から、20代の転職について気づいたことや体験を書いていきます。

実績が無くても『若さ』と『向上心』があれば大丈夫

転職で1番不安になってしまうのが『スキル・実績がない』ってことだと思います。




仮に医師免許があったなら、なにも心配なく医者への道がありますが、ですが大抵の人はなにも持っていません。




だからこそ必要になるのが『向上心』。
スキルはないけど、身につけたい意思はある‼︎って主張です。

20代で即戦力とは求めていない

すぐに入って一人でなんでもかんでも出来るっていうのは理想ですが、大抵はそこまで求めていません。




社会経験も浅い20代には、経験を積んでから今後の会社を担って欲しいという思いがあり、逆に変にクセが付いていない方が会社としては教育しやすいです。




大抵は、30代で花咲くので『若さ』があり、『向上心』があれば実績やスキルは後からしっかりついてくると会社はわかっています。

『熱意』で長くなることを主張

人を雇うってかなりコストがかかります。




求人を出したり、教育をしたりするにはお金と時間を割かなければなりません。




つまり、2〜5年程度で辞められては企業は投資に失敗したと同じになってしまいます。




人事はそれを分かっているので、
採用する際は、『長く在籍する』これを大前提に採用します。
面接や、履歴書を書く際にはこれを最も重視してください。




『熱意』を持って長くいることをアピール出来れば、転職成功率がグッと上がります。

ブラック企業の見分け方

特に気をつけた方が良いってポイントだけ書いていきます。

『アットホームな職場』は完全にNG

ネット上では有名ですが、実際当てはまっていると思います。




アットホームって、そもそもなんでしょうか?




上司との距離が近くて、フレンドリーってことでしょうか?




仲が良いことはプラスなことですが、他にも秀でたものが無い場合に使われる事が多いので、実際は一部のみが仲が良いって思っていた方がいいです。

みなし残業の額が多すぎる

求人票を見て、月額が高い企業があります。




めっちゃ良いやん!!って思うかもしれませんが、よく内訳を見てください。




基本給が安くて、みなし残業が多すぎる場合があります。
だいたい残業代一時間1200円とすると、4万円のみなし残業の場合、33時間くらいの見積もりですが、実際はプラス20時間くらい見ておいた方が良いです。




つまり、月に約50時間くらいは残業すると心構えが必要です。
厳しい∑(゚Д゚)

昇給が無い

最もモチベーションが上がらない条件です。




人は承認欲求があるので、認められると良い気持ちになります。
一年間仕事を頑張った結果、来年はさらに給与が増えることで、『自分の成果を認められた』と欲求が満たされます。




しかし、上がらないとこの一年間はなんだったんだろうと落ち込んでしまいます。




どんどん仕事に対してモチベーションが保てなくなり、職場関係が悪化の原因になるのでブラックなところが多いです。

退職してからの生活費は『退職金』と『失業手当』でカバー

実際に退職を考えた時、一番不安なのがお金です。




生活しているだけでお金がかかるのに、給与がパッタリ無くなったらどうしようっと考えますよね?




僕の場合は、『退職金』と『失業手当』で転職が決まるまで乗り切りました。




大抵の企業は3年勤務すれば退職金が支給されるようになってます。
失業手当は、また働く意思があれば支給される手当てです。今まで雇用保険に入っていたことが条件ですが、会社に勤めていればだいたい加入しています。



詳しくは職業安定所ハローワークに問い合わせするのが手っ取り早いです。
『退職金』と『失業手当』の額にもよりますが、3ヶ月程度なら無収入でも乗り切れると思います。

退職までどう行動していくか?

転職しようと決意したら、行動あるのみですが、備えも重要になってきます。




現状働いているならば、給与が発生しているのでお金の不安は少ないはずです。




今のうちに絶対やっておいた方が良いことを紹介します。
退職後は、お金の不安で精神的に追い詰められる可能性があるので、お金が貰えるうちに準備をしておいた方が良いです。

興味ある業種を3種類決める

将来的になんの仕事をしていたいのか、一種類に絞る必要はありません。




大まかに3種類くらいに決めておくと、転職がスムーズに進みます。




例えば、
今まで工場で働いていた

次は営業系についてみたい

営業系
飛び込み営業
・工場知識を活かして、工場営業
・工場備品を取り扱う商社系
・新規業界の営業





など、今まで働いていた知識を活かしながら新しい業種に就くことも可能ですし、まったく新しい業界に行くことも可能です。
何でも良いので好条件って人は、最低限路線を決めた方が良いです。

基礎知識を学ぶ

ある程度なにをやりたいか決まった時に、不安になるのが『スキルがない』ってことですよね。




まずは知識をインプットしてみましょう。
方法としては本を3冊くらい読んでみるのがオススメです




するとイメージしやすくなり、この知識は大事そうだなとわかるようになってきます。
『大事そうだな』ぐらいの感覚で良いので、その知識を少し深掘りしてみてください。




例えば、
営業系に進みたい

営業系の本を3冊読んだら、全てに見積もり提出は早めにするって書いてあった。これは大事そうだ

見積もりってどんなことやるんだ?Googleで検索してみよう

これくらいで良いです。



やることをすべて知る必要は無いですし、会社側は基礎知識があれば好印象を抱いてくれます。
出来る出来ないは、やってみないとわからないので、基盤を作る意味でも基礎知識は知っておいて損はありません。

年収分、貯蓄しておく

最も精神的に安定する方法です。




年収分あれば、最悪一年間働かなくてもお金に困ることはありません。
そんなに貯められない!って人は最低3ヶ月分は困らないってくらい貯めていれば大丈夫です。そこに上記でも書いた退職金と失業手当が入るので、半年くらいは問題無いと思います。




ちなみに
・国民保険
・国民年金
・住民税

これらは毎月絶対に発生するので忘れないでください。

転職サイトに登録する

ハローワークに登録するのは一番オススメですが、なかなか平日休みが無いって方は、転職サイトに登録したほうが良いです。
全国の求人が見れて、新着や人気などスマホで気軽に見れるので使い勝手がとても良いです。


年収を重視するなら『ランスタッド』

世界でも屈指の実績を持つ最大級の転職エージェントだから、外資・国内優良企業の独占求人が豊富です。 医療・医薬、製造、テクノロジー、消費財、管理部門の転職支援に特化しており、 各業界専属のコンサルタントがハイクラス層の皆さまの転職を成功に導くのが売りです。



大手サイトは『doda』

条件に合った求人提供はもちろんですが、それ以上に「転職活動サポート」が最も充実しているので、履歴書の書き方から面接までしっかりとサポートしてもらえます。


まとめ

今回は、20代の転職はこれで解決〜実体験からのアドバイス〜について書きました。

  • 実績やスキルが無いなら『若さ』と『向上心』を売りにする
  • ブラック企業には気をつける
  • 退職後のお金は『退職金』と『失業手当』でカバーできる
  • 退職するにも準備が必要

20代で即戦力とはあまり求められていません。




売りにすべきはやはり『若さ』です。
今後しっかりと会社に貢献していく意思があることを伝えれば、企業側も大事に育てていこうという方針になり上手くいくと思います。





転職に迷ったら、転職サイトに登録だけしてみるのも手段の一つです。





良い人生が送れますように僕は願ってます。



最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました