サラリーマンのおこづかいは2万円で足りるの?

つぶやき
スポンサーリンク


ちぇに
ちぇに

ども、『ちぇに』です。



結婚をするとお財布が共同になり、毎月自由に使えるお金がおこづかい制になるって方いますよね?将来のことを考えて、おこづかい2万円になり明日から不安だって方多いと思います。


今まで好きなだけ使っていた分、いくらあれば足りるのか不安だなぁって感じると思いますが、僕は結婚してからおこづかいは2万円です。



最初は『少ないなぁ』と思っていました。よく手取り金額の1割くらいって言われているので、僕の給料を考えるとこの金額が妥当でした。



実際に過ごしてみると、無駄なモノは買わないようになり、案外イケるものだと実感したので、どうやり繰りしているか、今回は書いていきたいと思います。



結論:すべて自由に使えるなら余裕


基本的に余裕です。




僕も現状2万円ですが、困ったことはそれほどありません。




趣味にも、自己投資にもお金をかけれている状況です。




成り立っているのには理由があります。
それはどこまでをおこづかいで払うのか明確にしているからです。

ランチ代はどうなの?飲み会はどうなの?

ランチ代は、おこづかいからの支出ですか?




ランチ代のように毎日必要不可欠のものは家計から出してます。




その分出来るだけ安くするために、パンを1つだったり、お弁当を持っていって外食はしないようにしています。出来るだけコストを抑えて、家計を圧迫させない努力はしています。




また、飲み会代はおこづかいにしています。




自分の好きな場での食事なので、そこは割り切っておこづかいから出します。
必要不可欠のものは、家計から。




無くても大丈夫なものは自腹。
この線引きがとても難しく、夫婦での定義をしっかり決めておくことが重要です

定義をしっかり決める

人それぞれの価値観があるので、夫婦でまったく同じ意見にはならないと思います。




一番難しいのが『女性の化粧品』。




必要不可欠と考えるか、自己満足と考えるかでだいぶ分かれるポイントになると思いますが、女性にとって化粧品とは、無くてはならない物です。




しかし、普段化粧をしない男性からだと『必要のないもの』と認識する場合もあります。




このように男女での使用するしないで、大きく意見が変わるものもあるので、よく話し合いが必要だと思います。




ちなみに我が家では『化粧品』は必要不可欠と思い、家計から出してます。(出来るだけ安く抑えてくださいと念は押してます)

趣味にもお金を使うことは出来る

しっかり定義を決めると、2万円でも意外にも自由に使えるお金があることに気がつくと思います。




その使えるお金は、ただ缶コーヒーを買ったりするのではなく、自分のために使ってください。




なにか楽しいと感じることにお金を使うことでまた明日から仕事を頑張ろう!と思えます。
簡単に言うと、『趣味を持ちましょう』ってことです。

低コストで出来る趣味を紹介します

趣味の中でも出来るだけコストがかからないものを紹介します。



僕がやっているものもあるのでぜひ参考になれば幸いです。

散歩

最もお金がかからず、最も健康的な趣味です。




近くの公園まで歩いてくる程度でもオッケーです。




気持ちに余裕が出来てスッキリします。

必要なモノ

  • シューズ
  • ウエア

市営ジムで筋トレ

近くに市営ジムがある人はぜひ通った方が良いです。




僕が住んでいる地域の市営ジムは1時間250円でマシーン使い放題です。2時間やっても500円で良い汗を流せます。




人が多い時間帯もあるので、係員さんに空いている時間を聞いて、順番を待つことなく筋トレマシーンを使ってます。

必要なモノ

  • シューズ
  • ウエア
  • タオル

読書

大人になると本って読まなくなりませんか?




僕もそうでしたが、最近本を読むことの楽しさに気付きました。




仕事に関する本も読みますが、政治や経済についての本を読むと、今まで知らなかったことが見えてきます。




知らない世界を知ることはとても楽しいことです。
最近では、スマホやパットで読める電子書籍を愛用しています。手軽に読めるのでとても便利です。

必要なモノ

  • スマホ、パット

スマホゲーム

面白いものがあり、ほとんどが無料で楽しめる仕様になってます。




時間を潰すのにはもってこいですが、やり過ぎには注意です!

必要なモノ

  • スマホ
  • パット

まとめ

今回は、サラリーマンのおこづかいは2万円で足りるの?について書きました。

  • 余裕で足りる
  • 毎日発生するものは家計から出してもらう
  • グレーな支出は話し合いでしっかり決める
  • 趣味にもお金が使える
  • 低コストの趣味も沢山ある

いかがでしょうか?



案外二万円でもやれることは多くあり、しっかりとコントロールすることで趣味にも使えるお金が残ります。



無理のないおこづかいライフを共に歩んでいきましょう‼



最後までお読みいただきありがとうございました。




にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました